手ぶらで出掛ける

たった1つの二つ折り財布

詳しく見てみる

フラッグシップモデル「One」

完成まで17か月掛かったAge渾身の二つ折り財布

独創的な「タンCap構造」で小銭の出し入れが圧倒的に楽になり、2000円以上の小銭でもわずか2cmの薄さを保ちます。

3年後も持っていたくなるような愛着がわくカラーと経年変化、サスティナブルな社会に貢献する第3世代の財布をご提案します。

第1世代

昔ながらの二つ折り財布(第1世代)は、カードやコインがかさばってポケットがパンパンに。

第2世代

それを解消するために、近年流行していたのが、カード枚数を減らしたり、コインを999円まで入るようギリギリの小ささにした小銭入れの二つ折り財布(第2世代)。
しかし、薄くて小さい、の代償として

・カードが非常に取り出しづらい
・お札を折りたたんで収納するので、出し入れが面倒
・おつりでもらった小銭で1000円以上になり、結局コインケースを別で持ってしまう

という、本来の財布の用途を十分に満たせていない、という不満の声が、私のもとにたくさん寄せられました。

第3世代

そこで、第2世代までのコンパクトで持ち運びしやすい、

という良い点は残しつつ、

①「普段はキャッシュレス、でも現金もまだまだ必要」という、

 使う人のライフスタイルに「フィット」させたいという想い

②レザーの経年変化を楽しんで、長く使ってほしいという想い

③モノを作るだけではなく、社会や世界に貢献していきたいという想い

から第3世代、オールインワン財布「One」を開発いたしました

Point 1:コイン収納

「薄さ」と「取り出しやすさ」

ホックやファスナーを一切使わないことで「薄さ」を実現。
さらにフタ部分がコイン受けになるため「取り出しやすく」。
999円以上が余裕で入るため、急なお釣りで小銭が増えても安心。
※特許出願中(特願2020-208826)

Point 2:紙幣収納

折り畳まずに収納できるため、出し入れがスムーズに

Point 3:カード収納

【メインカードは特に取り出しやすく】
内側のカード収納スロットは、少し大きめ。
・普段あまり使わない免許証や銀行カード等は奥まで押し込む
・メインで使うカードだけを手前に設置
これにより
メインカードとスロットの間に段差が生まれ(A)
収納スロットに斜めに入った切れ込み(B)のお陰で、
簡単にメインのカードを取り出すことが出来ます。

Point 4:サイズ感

【小さすぎない、けど小さい】
第3世代Oneがたどり着いた結論は、
「大きすぎず、小さすぎず」
毎日使う物だから、ミリ単位で徹底的に考えぬいたサイズ感

ぴったりと手に馴染むサイズ感

Point 5:収納量

【日常生活に必要な金額を入れても、薄さわずか2cm】
紙幣5枚、カード5枚、コイン12枚、鍵1本 収納時

レイアウト

余計な物を入れさせない、ミニマルなデザイン

Point 6:使い勝手

【日本人の生活スタイルに合うようにゼロベース設計】

スマホとOneをポケットに入れて、気軽に外出。
基本的には電子マネー。それとクレカと、身分証。
近年、キャッシュレスのサービスは増えていますが、
少しの小銭は持っておきたいですね。
そんな日本人の生活スタイルに合うように要る、要らないを
徹底的にゼロベースで再設計。
本当に必要なものを、最適な量だけで持ち歩けます。

利用シーン

キャッシュレス

外側カードスロットは

キャッシュレス決済対応

カフェやコンビニでの支払いに

改札

電車やバスも

もちろんスムーズに

現金

油断しそうな日の現金が必要

コインパーキングや券売機でも

Point 7:デザイン性

【毎日、手にするものだから】
取り出すたびに嬉しくなる、
見た目も映える、コンビカラー

Point 8:3年後の愛着

【あなたの愛情で「成長」する】
3年後も持ち主と共に、財布も年齢を重ねて

「成長していること」

を楽しんで欲しいから。経年変化を感じて頂きやすいよう、オイルを通常よりもたっぷり染み込ませた「プルアップレザー」を使っています。非常に手間のかかる作業ですが、表面に浮き出たオイルは防水効果があり、また長期間しっとりとした質感を保ち続けてくれます。

手間のかかる毎日のお手入れも不要で、気になる汚れがあれば乾いた布で軽くふき取ればOKです。

レザーは、牛の一番外側の革「フルグレイン」。生きていた時のキズや血管の跡などが見られます。植物タンニンなめし、アニリン仕上げにより、持っている間にできたキズやシミも成長の証だと感じ取ることが出来ます。

経年変化イメージ(1年使用後)

※以下のカラーはエイジングしないため、
 ご購入時の色味をずっとお楽しみ頂けます
・グレージュ×サクラピンク
・エトゥープ×イエロー

Point 9:細部へのこだわり

コバ(端部分)の仕上げ

コバの仕上げはいくつかある中で、「コバ塗り」を採用。

財布全体の一体感が生まれるとともに、

コバ塗りを見れば職人さんの技術が分かる、と言われている

非常に高い技術を必要とされる工程です

念引き

専用の器具で線状の型を押します。

機能性に大きな影響はありませんが、より引き締まった表情になります。

made in Japanの商品であっても、コストを抑えるために念引きをしていない財布がたくさん出回っていますが、

Ageは細かな点まで妥協しません

RFID防止加工

海外で多発しているスキミング被害。

AgeのオールインワンウォレットOneは、

海外旅行にも安心してお持ちいただけるように、

内側カードスロットはRFID(カード情報不正読み取り)防止加工を施しています

Point 10:生産工場

【生産工場のこだわり、従業員のサスティナブルな労働環境】

熟練した職人たちの手によって生み出される商品は、
ドイツをはじめ、ヨーロッパの各国で高い評価を受けており、
厳しい採用試験を合格した職人(マイスター)だけが
Ageのアイテムを作ることを許されています。

サスティナブル

【安全な労働環境、サスティナブルな社会への貢献】

世界に数ある革製品の加工工場の中には、素手を直接染色液に入れて作業するなど、劣悪な環境も少なくありません。
Ageの生産工場ではそういったことのないよう、常に衛生的な環境で染色加工等を行っています。
また使用する化学薬品や材料が環境への影響が最小限になるように、原材料の選定には細心の注意を払っています。
現地の雇用を守り地域発展に貢献するとともに、工場、販売者、お客様の全員がハッピーになれること、
サスティナブル(持続可能)な社会に貢献できることを第一にしています。

仕様

サイズ:縦89mm、横92mm、薄さ10mm
製品重量:約50g
素材:フルグレインレザー(最高級プルアップレザー)
なめし、加工:ベジタブルタンニン鞣し、アニリン仕上げ
カード:5枚
小銭入れ:2,000円程度、収納可能
RFID(不正読み取り)防止機能:あり
生産国:インド

You tuberさんにご紹介頂きました!

常に使う人の立場に立って、良いところもちょっと気になるところも、

率直な評価として日々情報発信されている、

メンズ財布専門You Tubeチャンネル

メンズ財布レビュー動画チャンネル 」様にご紹介いただきました。

ブランド紹介

Age ~plus Precious~

【エイジングを楽しむ】

長く愛用していくことにより、独特の風合いを増していく革小物。
馴染んできたレザーを見ていると、共に過ごしてきた自分自身の成長も感じます。

エイジングの風合いは人それぞれ。
自分色に変化していく革を育てる楽しさを、もっと身近に感じてほしい。
「エイジングを楽しめる財布」をコンセプトに、
生活に寄り添ったデザインを追求したものづくりをしています。

また、サイズ感には特にシビアでありたい、という想いは、
ロゴの「g」を巻き尺で表現しています。

もっと見る